広島市安佐南区のおおえクリニック 内科 糖尿病内科

医院からのお知らせInformation

広島市在宅協力医療機関

6月16日(日)は広島市の在宅協力医を担当いたします。
市が定めたとおり、9:00~13:00、14:00~17:30まで、診療いたします。
この日は予約をお取りできませんので、受診の際は、保険証・子ども医療費受給者証を持参の上、直接ご来院ください。

6月18日(火)は、在宅協力医の振替休日として休診いたします。

ご来院の方へのお願い

発熱・頭痛・咳・鼻水・腹痛・下痢などの症状がある方は、隔離室の用意をしますので、ご来院前にお電話(082-832-2700)ください。

当院では新型コロナウイルス・インフルエンザの検査は行っておりません

生活習慣病で通院中の患者さんへ

厚生労働省の診療報酬改定にて、令和6年6月1日から、生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病)を特定疾患管理料より除外し、
生活習慣病管理料を新たに算定いたします。
それに伴い、窓口でお支払いいただく料金が変わる場合があります。
また、該当する患者さんには個々に応じた目標設定や血圧、体重、食事、運動に関する具体的な指導内容や検査結果を記載した「療養計画書」に署名をいただく必要がありますので、ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

Primary care診療内容

地域の患者さんにとって、小さなことから大きなことまで、
ここに相談すれば大丈夫と思っていただけるようなクリニックでありたいと思っています。
急な体調不良から長引く不調まで、気になる症状の診断・治療をいたしますので、お気軽にご相談ください。

  • 総合案内

    総合案内
    「いつもの薬がほしい」「ちょっと体調が悪い」「検診結果が気になる」などかかりつけ医としてお気軽にご相談ください。
  • 糖尿病内科

    糖尿病内科
    一型糖尿病、二型糖尿病、妊娠糖尿病などすべてのタイプに対応。
    未治療の方も、治療中の方もお気軽にご相談ください。
  • 健康診断

    健康診断
    特定健診や、高齢者いきいき
    活動ポイント対応の健康診査
    (2019年7月以降)
    お電話での事前予約が必要です。
    (平日11:30 - 12:00)
  • 予防接種

    予防接種
    インフルエンザ
    高齢者用肺炎球菌ワクチンなど
  • 甲状腺疾患

    甲状腺疾患
    バセドウ病または橋本病などの診断・治療
  • 禁煙治療

    禁煙治療
    保険診療でできる禁煙治療

お問い合わせ・健康診断・予防接種のご予約

082-832-2700

診療時間 / 9:00 - 12:30 , 15:00 - 18:00
休診日 / 月曜・日曜・祝日
(健康診断の事前予約受付は平日11:30 - 12:00)

News新着・更新情報

2024.06.10
6月16日(日)は広島市の在宅協力医を担当いたします。市が定めたとおり、9:00~13:00、14:00~17:30まで、診療いたします。この日は予約をお取りできませんので、受診の際は、保険証・子ども医療費受給者証を持参の上、直接ご来院ください。
6月18日(火)は、在宅協力医の振替休日として休診いたします。
2024.06.08
そろそろ梅雨の季節です。高温多湿のこの時期は食中毒に要注意です。食材や調理器具の管理に加え、バランスの良い食事や運動を心掛け、抵抗力を高めましょう。
2024.05.23
5月25日は世界甲状腺デー。甲状腺ホルモンが乱れると、疲れやすい、むくみやすいなど多様な症状あらわれます。認識されないことも多い疾患なので、身体の不調でお悩みの方は一度ご相談ください。

過去の更新情報へ

Blogブログ

当院の特徴Features

  • 土曜午後
    木曜
    も診療
    「通いやすい」を実現するために、
    土曜午後や木曜も診療します。
  • 受診したその日に
    検査結果がわかる
    糖尿病の原因は、一つではありません。
    原因に合わせた適切な治療をご提案します。
  • 糖尿病専門
    チームで診療
    糖尿病を専門とする医師、糖尿病療養指導士の資格を持つ管理栄養士などがサポート
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider

Greetingごあいさつ

「糖尿病」は言葉は知っているけれど、どんな病気か実はわからない…。
そんなことはありませんか?

糖尿病が怖いのは自覚症状がないまま、いろいろな合併症を引き起こしてしまうこと。でも糖尿病であることを自覚しながら、合併症を防ぐことを目標に治療していけば、怖い病気ではありません。

なんとなく怖い、怒られるのがイヤ、治療が面倒くさそう…
治療に踏み込めない、諦めたくなっている一人ひとりとじっくり向き合って治療することで、糖尿病の合併症で苦しむ患者さんを一人でも減らしたいと思って開業しました。

もちろんかかりつけ医として内科の一般診療もいたします。
みなさまに安心して通っていただけるクリニックにしていきたいと思っています。

所属:日本内科学会・日本糖尿病学会

院長紹介